Vol. 10 無駄遣いはこうして減らす!

 

bits

ボクシングデーなど年末にお買い得なセールが多いカナダ。たくさんお買い物をした後、新しい年に入ってからそのしわ寄せが…なんてことありませんか? 今回はお金を上手に使って無駄遣いを防ぐポイントについてお話したいと思います。

「合わせやすい」は実は無駄使いになりやすい洋服や靴などの服飾品を買う際、モノトーンや紺、茶系のいわゆる「無難な色」を選ぶことは多くありませんか? 例えば同じデザインで赤と黒の靴が売っていたとして、「赤は合わせられる服が限られるから」と黒い方を買ってしまいがち。しかし、こうして使用する選択肢を広くすることで、上手な買い物をしたように見えて、自宅のクロゼットを見てみるとなんだか似たような色のものばかりになってしまい、結局他人には「いつも同じような服装だな」という印象を与えてします。お買い物に出かける時は、あえて様々な色の服飾品を揃えることで、より多彩でおしゃれなコーディネートができるということを覚えておきましょう。

整理整頓はお金の節約になるもうすでに持っているものを買ってしまい、家に帰ってから重複していることに気がつくこと、特に食料品のお買い物でよくありますよね。実はこの失敗を繰り返しやすいのは、食料品に限らず整理整頓が普段から苦手な方が多いようです。無駄遣いを防ぐには定期的に、特に買い物に出かける前に在庫をチェックするのが大切ですが、いる物もいらない物も雑然とたくさんしまってある棚や冷蔵庫をチェックするのは大変ですし、見るだけでその意欲も失せてしまいます。買い物上手になるために普段から身の回りの整理整頓を心がけましょう。

「今だけお買い得」は得ではない期間限定のセールには、実は予算以上の無駄遣いをしやすいという落とし穴があります。特定の欲しい品物をセールで値段が下がるまで待ち続けて買うというのなら別ですが、「いつもより安いから」、「これを逃したらもうこの値段で買うチャンスはないから」と品物自体の必要性や魅力より、その場の値段の低さ重視で買ってしまう物は、すぐに飽きてしまったり使用する機会がなかったりします。スポーツジムやスパなど、サービスの購入でも同じです。また、通常より安い値段のため緊張感もお財布の紐も緩み、気づいたら予想以上のお買い物をしていた、なんてことにもなります。どんなに安くなっていても「これを3か月後でも使っている自分を想像できるか?」と自分に問いかけてみるのが、セールの落とし穴にはまらないコツです。

次にお買い物に出かける際にはぜひ以上のポイントを心がけてみて下さい。

 

<Dr.コノミの心コロコロサイコロジー覧へ

<コラム一覧へ