Vol. 13 結婚相手と出会う3つのコツ

 

bits

私の独身女性の患者さんから意外と多く聞かれる質問が、「どうしたらいい人(結婚相手)と出会えるのか」というもので、実はプライベートな場面でも仕事柄のためかよく同じ質問をされます。今回は女性のための上手な出会い方のコツについてお話しします。

相手と出会うための手段にこだわらない「なかなか出会う機会がない」という方の意見で多いのが、「出会いは自然であるべき」というものです。すると必然的にお見合いや出会いイベント、マッチングサイトなどで相手を見つけることに躊躇し、「必死に努力しなければ出会いもできない」印象を他人に与えはしないかと、せっかくの有効な出会いの手段に積極的になれません。「こんなところでいい人に会えるわけがない」という思い込みがさらに邪魔をして、半信半疑の中途半端な態度になり、結局いい出会いも逃してしまうことが多くなります。慎重に相手を選べば路上ナンパでも構わないのです。きっかけはなんであれ、大切なのはいい人を選んでいい関係を築くことです。

自分に自信の持てる身だしなみを長いこと恋愛をしていないと、自分の魅力をアピールできる服装や身だしなみがおろそかになりがちです。それが癖になるとせっかく出会いのチャンスがあっても「こんな格好では無理」と逃してしまいます。露出の多い服や派手なメイクなど、自信のなさを隠すための格好ではなく、自分の長所を引き立てる自分なりの身だしなみをいつもする癖をつけましょう。自分に似合う服の色やデザインや髪型を知り、ネイルなどの細かい部分のメンテナンスを普段からちょっとするだけで、自然と気分が高揚して自信もつき、普段から態度や言動が魅力的になります。何が似合うかわからなければお友達やプロの方に相談してもいいですね。ポジティブな雰囲気にはポジティブな人が引き寄せられ、いい出会いへとつながります。

付き合うかの判断は早くても遅くても×意外に多い間違いとしては、一度会ってみて「ピンとこなかったから」と、すぐあきらめてしまうことです。長年の知人、友人関係が恋愛に発展することがあるように、時間をかけてお互いをもっとよく知ることで恋愛感情が生まれることがあります。一緒にいて楽しい人なら最低数回はデートしてみましょう。逆に、「なかなか出会いがないからもったいない」と、相性は悪いことがわかっていてもズルズルとひきずって次の出会いができなくなってしまうこともあります。そんな時は「来月まで」など期限を決めて自分の決断をする準備をしましょう。

出会いは必ずあります。ないと思う時は何か普段の生活や思考を変えることが必要なのです。

 

<Dr.コノミの心コロコロサイコロジー覧へ

<コラム一覧へ