キャシーの日々ハッテン day.23(2012年5月18日記事)

自分に素直になったとき

こどもの頃、宿題をさぼる度に母から「お母さんを騙せたって、自分自身は騙せないからね」と意味深な説教をよくされた。お尻ぺんぺんもよく覚えてるけど、この一言も不思議と心にくっきり残っている。
大学時代になって自分の進路を決める際、もう自分自身からは逃げられなくなった。当時は自分自身の事も、進んでいる道もだいぶ見失っていた。小さい頃から繰り返しつき続けた嘘が、大きな壁となって自分の前に立ち塞がった。結局、母の言う通り、いくら他人は騙せても、自分の事は最後まで騙せなかった。 そのとき、また母の言葉が頭の中で響き渡った。母の言う事なんてちっとも聞くような子ではなかったのに、このときはもう従うしか無かった。そうして、自分にまとわりついた嘘をひとつずつ剥がして、もう一度初心に戻って歩き出した。
先日、「キャシーって、なんかいつも幸せそうだよね」とある人に言われた。自分が今幸せなのかどうかはわからないが、5年前より遥かに前に進めている事は確かだ。自分自身に素直になる事で、ここまで目の前の世界が変わるなんて、夢にも思ってなかった。そういう意味では、後悔のない道を歩いていることになる。昔より遥かに自分を信じられるようになったし、自分のことも、他の人のことも好きになれるようになった。これはまがいも無いポジティブな変化だ。
いつか母に自分がゲイだということを説明したときに、母の説教が大きな一押しになったということを教えてあげた。困り顔の母は、まるで「別にそこまで素直になれと言ったつもりはなかったんだけど」とでも言わんばかりだったが、もはやそんなことはもう関係はなかった。


<「キャシーの日々ハッテン」一覧へ

<コラム一覧へ