キャシーの日々ハッテン day.26(2012年7月6日記事)

ハッピーサマーゲイウェディング

オバマ大統領が公の場で同性婚支持発言をする時代に、同性婚が成立しているカナダに4年以上も住んでいて、ゲイ友達にこんなにも囲まれているのに、キャシーったらまだ同性婚のウェディングに参加したことがない。あたしだって、ゲイたちのブーケ争奪戦に必死になってみたい。そんなことを考えていたら、よりによって昔のオトコが来月結婚するというニュースを耳に挟んだ。
キャシーと彼は、お互いが失恋した直後に退屈な映画を2人きりで見てしまった仲。そのままなんとなく友達以上恋人未満な便利な関係をだらだらと続けてしまい、気付いたときには自然消滅していた。正確に言えば破局はしてないし、今でも友達だ。別に未練なんてなく、ただ単に同性婚の結婚式に行くという自己満足に浸りたいだけなんだけど、 問題は彼が結婚式に招待してくれるのかどうかだ。思い出に留めておきたい人の結婚式に招待されたいなんて虫が良すぎるかもしれないけれど、それでも人生のひと時を分かち合ったあたしたち。もしかしたら明日あたりに招待状が届くなんてこともあるのかもしれない。そんな願いも空しく、彼の結婚式の日がきても招待状は届くことはなく、後日Facebookにアップロードされた写真を指をくわえて見るしかできなかった。それでも幸せそうにしている彼の笑顔を久しぶりに見れて、なんだか嬉しくなった。
同性婚の結婚式に参加するという夢はまだあきらめていない。きっと次こそは招待されるために、今から婚活(?)でも始めよう。日本にいた頃は同性婚なんて遥か遠くにあったが、いつの間にかこんなにも日常的なものになっているなんて不思議なものだ。


<「キャシーの日々ハッテン」一覧へ

<コラム一覧へ