キャシーの日々ハッテン day.68(2014年4月4日記事)

ゲイは「女子力」が 高いのか

「ゲイ友達を作って女子力向上」なんてスローガンを最近目にして、聞き慣れない「女子力」という言葉を検索すると面白い発見があった。「女子力」は英語に直訳すると「ガールパワー」になるが、日本語と英語では使われ方がまったく違う。日本のメディアでよく耳にする「女子力」といえば、綺麗になって、男性にモテるような立ち居振る舞いを心がけることを指すことが多いが、「ガールパワー」はまったく逆である。90年代に懐かしのスパイス・ガールズたちが流行らせた「ガールパワー」は、女性の団結や結束というフェミニズムの延長線上にあって、今でも女性としての力強さ、賢さ、そして男性に媚びない自立を主張するために使われる。言葉は社会を映す鏡と言うが、この違いはまさに日本と英語圏での女性の立場や社会の中の女性像のズレを浮き彫りにしている。

そんな「女子力」だが、どうしたことかゲイ業界にも浸食している。ゲイは美容に気を遣って、ファッションに敏感で、ユーモアもあって社交的というイメージがあるため、ゲイ=「女子力」が高いという噂まで流れている。もちろん、ただの噂である。そんな目的でゲイをアクセサリーにしたいと本気で考える人がいるのなら、「女子力」以前に人格を疑ってしまう。そもそも、なぜそこまでして「女子力」を磨きたいのだろうか。 「女性はこうあるべきだ」と社会が圧力をかければ、その女性像を目指して自分磨きにお金をかける人が出てくる。いつだって、企業はそうやってお金を稼いできた。「女子力」なんてものは高い低いで語るものではない。人の数だけ意味や形が違うからだ。メディアが煽る女性像と自分を比べる前に、自分らしいとはどういうことかもう一度冷静に考えてみよう。


<「キャシーの日々ハッテン」一覧へ

<コラム一覧へ