キャシーの日々ハッテン day.69(2014年4月18日記事)

ブルーとピンクの世界

友人が元気な女の子を産んで、子育てに大忙しなので、何かプレゼントでも買ってあげようとおもちゃ屋さんに足を踏み入れた。思い出の中にあるおもちゃ屋さんといえば、所狭しと並んだカラフルなおもちゃがどれも輝いて見えて、そこにあるものをいつか全部揃えようと野望ばかりが膨らんでいた。オトナになってから入るおもちゃ屋さんは相変わらず楽しかったが、うまく説明できない違和感を感じていた。

お店の中を見回すと、多くのおもちゃが2つの色でキレイに分けられている。ブルーのおもちゃは男の子向けで、スーパーヒーローやラジコン、プラモデルが並んでいる。一方、女の子向けのピンクのおもちゃはバービー人形やおままごとセットだったりと、家庭的なものや美容に関するものが多い。男ならこういうおもちゃで遊んで、女の子ならそういうおもちゃで遊べと、そんな不自然なプレッシャーをひしひしと感じる。

子どもの頃、目の前にあるものはなんでもおもちゃになった。公園に落ちている枯れ葉と石ころで何時間もごっこ遊びで盛り上がったし、両手と木の枝があれば砂場はアートが溢れるキャンバスになった。男とか女とか、そんなことなんて意識する暇はなかった。ブルーやピンクなんて限られた色ではなくて、もっとカラフルな世界で生きていた。こんな風に色分けされたおもちゃ屋さんに違和感を感じるのも、そのせいなのかもしれない。
ブルーとピンクのおもちゃ棚を通り抜けると、ベイビーブルーとベイビーピンクで分けられている幼児のおもちゃ売り場があった。少し寒気を感じながら、そのおもちゃ棚の端っこに落ちていた黄色のペンギンが可愛いブランケットを買って、そそくさとそのおもちゃ屋さんを後にした。


<「キャシーの日々ハッテン」一覧へ

<コラム一覧へ