キャシーの日々ハッテン day.75(2014年7月18日記事)

ストレートパレードがない理由

ワールドプライドが開催された10日間、トロントは虹色の熱気に包まれた。しかし、そんなプライドがメディアで報道されると必ずこんな匿名コメントを見かけた。「どうしてゲイパレードなんてあるんだ。ストレートはパレードなんかしないのに」。インスタントに情報を発信できる時代だから、深く考えずに思いついたことを書く人が増えたが、ここは親切なゲイのお兄さんとして余裕を持って回答してあげたい。

プライドパレードは1969年にストーンウォール・インというNYシティにあるゲイバーから始まったとされる。当時はパレードを歩けば逮捕されたり、暴行の標的にされた。それでも彼らが続けたのはこれ以上虐げられないために、自分たちの存在を社会に見せつけたかったからだ。ストレートの人たちはそんな風にパレードを歩く必要がなかった。なぜなら、ストレートだからという理由で逮捕されたり、家族から勘当されたり、仕事を失ったり、暴行されたり、殺されたり、愛する人と家族だと認められなかったり、そんなことを心配する必要はないからだ。ストレートパレードを歩かなくても社会に受け入れられるということは、とてつもない特権であることを忘れないでほしい。もしLGBTの人々が社会から差別されていなければ、プライドパレードなんて存在しなかったかもしれない。

一年のうちたった10日間だけ自分たちの存在を祝福するお祭りをやっただけで、そこまで目くじらを立てる必要もないでしょ。もし明日社会がひっくり返って、ストレートというだけで命を脅かされ、人権を失うなんてことになったとしよう。あたしは喜んでストレートパレードの中に飛び込んで、権利を勝ち取るための戦いに手を貸すつもりよ。


<「キャシーの日々ハッテン」一覧へ

<コラム一覧へ