キャシーの日々ハッテン day.77(2014年8月15日記事)

ボランティアって大事よ

トロントに留学に来て、卒業後の就職を狙っている人には口を酸っぱくして「今からボランティアしておくのよ」とアドバイスをする。ただでさえ就職難の中、留学生はさらに不利な状況にある。英語力を鍛えたり、スキルを磨いたり、コネを作ったり、ネットワークを広げたりと、そういうことを今から積極的にやっていかないと後で痛い思いをする。だからこそ、それが全部できてしまうボランティアを有効活用しない手はない。もちろん、ここで言うボランティアは違法なタダ働きではなく、チャリティやNPOで社会に貢献する本来のボランティアである。

キャシーもトロントに来て以来、ずっと何かしらのボランティアをしている。ゲイクラブでコンドームを配ったり、チャリティオークションのモデルだったり、街頭で募金を集めたりと、思えば様々な活動に参加した。ボランティアといえば「あげる」というイメージがあるが、どちらかといえばあたしは「もらう」ことの方が多かった。トロントに来たばかりでゲイデビューしてまもなかった自分はボランティアを通してたくさんの人と出会い、様々な知識や経験を蓄えて、思いも寄らないタイミングで助けられたことも幾度とあった。自分でも気付かないうちに、いつの間にか周りには頼もしいコミュニティができていた。ボランティア活動が今の自分を築いたと言っても過言ではない。今週の予定を確認すると、当たり前のように週末がボランティア活動でつぶれている。それが楽しみでもある。

「ボランティアなんて時間の無駄」と考える人もいるかもしれないが、騙されたと思って色々チャレンジしてほしい。きっと素敵な人生のスパイスに出会えるはず。自分だけのために生きるなんて淡白で寂しいじゃない。


<「キャシーの日々ハッテン」一覧へ

<コラム一覧へ