より良いコンドを買うためには?

先月のTREBの総取引数は1万1070件となり、2013年同月比で+11.4% と大きく増加しました。この数字は、5月の総取引数としては過去最高の ものとなります。平均価格は$585,204で、+8.3%と上昇しました。マーケットの動きは非常に活発で、特にトロント市内では多くの場合1週間程で売れてしまいます。マーケットの速度に合わせて動くのが、購入成功への鍵ですね。物件タイプ別に平均価格を見ますと、タウンハウス(集合住宅)の+9.1%に続きセミ・デタッチ(準独立住宅)の+8.3%、デタッチ(一戸建て)の+7.8%、コンド・アパートメントの+6.4%となりました。

さて今回は、コンド購入についてお話をしましょう。コンドと一口に言っても、千差万別です。立地条件や建物、デザイン、含まれるサービス、付帯設備などなど、それぞれ大きく違います。対象物件を絞りながら、同時に周囲の環境や今後の開発計画にも注意しましょ。眺めが気に入って購入しても、数年後には目の前に別の新しいコンドが建つ可能性も十分あり得ます。基本的にはプールなどの設備がある物件は、メンテナンス費も上がり易いと考えておきましょう。コンドの建設会社と管理会社も確認し、業界での評判などもチェックしておくと良いです。各コンドには独自の規則があり、コンド内は半自治体のようなものです。ペットの不可、バルコニーの使用条件、カーテンやブラインドの色など細かな部分まで違いがあります。そのコンド内の住人にどのような人が多いかも出来る限り確認しましょう。レントで学生や若い住人が多いと比較的騒音が出やすいですし、特定人種が多い場合には文化習慣の違いが軋轢となります。

書類としてはStatus Certificateを弁護士にチェックしてもらい、Reserve Fund の健全性や訴訟問題、Special Assessmentなどについて確認しましょう。また、コンド管理総会の過去の議事録を確認し、どのような議題が提出されどのような判断がなされたかを見ることは、コンド内部の状況を知る役に立ちます。詳しくは、担当リアルターとご相談することをお勧めします。

 

 

 

 

<教えてHOMEズ一覧へ

<コラム一覧へ