Day18. Eka Pada Kapotasana
ハトのポーズ

今回は胃腸の働きを正常にする、ハトのポーズを紹介します。腰に負担をかけやすいので、腹筋背筋で背骨全体を上に引き上げるイメージで行なうのがポイント。その際、目線も上へ向けるとより効果的です。始めはサポートを使いながら、ゆっくりと進めて行きましょう。また、大きな後屈のポーズの後には前屈のポーズを行ない、全体のバランスを取るようにします。

【1】吸う息で、ダウンワードドッグ(day 8参照)から左足を高く持ち上げます。



【2】吐く息で、左足を曲げ、両手の間に左ひざを持って行きます。後ろの右ひざは下向きに置き、骨盤がなるべく正面を向くように座ります。
Supportお尻の下にヨガブロックやクッションを置いて高さを調整します



【3】吸う息で、より背骨を引き上げるイメージで、左手を持ち上げます。後ろの膝を曲げて体に近づけます。


【4】吐く息で、後ろ足のつま先を右ひじに掛け、左手は頭の上で曲げます。両手をつかみます。
Support手と手の間にタオルを持って、少しづつ手繰り寄せても良いです



*中級編は、ヨガマットと十分なウォームアップが必要になります。また、体に痛みがある場合は行なわないでください。 

撮影協力: Sivananda Yoga Vedanta Centre
モデル:松木 亜由美

 

<おうちで簡単に出来るヨガ一覧へ

<コラム一覧へ