Day34. Sirshasana
ヘッドスタンドのポーズ

こんにちは、ヨガインストラクターのLakshmiです。今回は「ポーズの王様」と呼ばれるヘッドスタンドを紹介します。疲労回復、腰痛緩和、内臓機能向上、体幹強化、集中力を高めるポーズです。これまでのポーズの総集編であり、また基本的な練習を積み重ねていけばどなたでも挑戦可能です。より新鮮にご自身の呼吸やアライメントに向き合ってみましょう。

【1】両手で両ひじをつかみ、ひじの位置を変えないように手を解き、両手指を組みます。

POINT両ひじと組んだ手で三角形を作り、その三角形を床に押すイメージでポーズの土台を作ります


【2】手を壁に付け、両手で頭を包み込むようにして、頭頂を床へ置きます。 少しづつ体重をかけながら、背中が壁に近づくように前へ歩きます。
For Beginnerひじが床から浮いたり、首に違和感があればすぐにポーズを止め、腕の位置を再確認して下さい


【3】背骨が頭の上にまっすぐ立つ位置で、軽く床を蹴って足を床から離します。肩を下げ、三角形で床をしっかり押しましょう。

【4】バランスが取れたら、足をまっすぐ伸ばします。足先はリラックスし、深い呼吸を繰り返した後、足を床に下ろし、子どものポーズで十分にお休みします。
For Beginner慣れてきたら壁から少しづつ離れ、最終的に壁なしで行ないます



上級編は、ヨガマットと十分なウォームアップが必要になります。初心者の方は必ず指導者のもとで行なうようにして下さい。初級&中級編は下記ウェブサイトでチェックできます。
www.bitslounge.com/column/kantanyoga

撮影協力: Sivananda Yoga Vedanta Centre

 

<おうちで簡単に出来るヨガ一覧へ

<コラム一覧へ