蔵の道其の三十(2015年1月9日記事)

地元のラジオ局でお酒の番組つくっています

私の蔵がある岩手県二戸市では日本で2番目、東北では初めてのNPO法人によるコミュニティラジオ局「カシオペアFM」が開局、放送されています。二戸市を中心に4市町村で聞くことが出来る、市民による市民のための手作りラジオ番組が盛りだくさんです。

そんなカシオペアFMで、私がパーソナリティをつとめる「蔵の道」という番組が月曜日から金曜日の夕方6時(正確には5時55分)から10分ほど放送されております。


この「蔵の道」という番組では、酒造りのお話や食事との相性、また酵母や麹菌など微生物の話、日本酒と健康の話など、様々なお話を面白おかしく、それこそ、バーで私が飲みながら語っているような雰囲気で話しています。おかげさまで「蔵の道」はカシオペアFMが創業の時代からスタートしている長寿番組となり、今では8年ほど続いております。

「蔵の道」ではまた、特別編として私が海外に出張した時にその出張先での出来事や試飲会、出会った人たちの話などもさせていていただいています。この特別編が結構人気で、アメリカや中国の話はもちろん、先日行ったインドやドバイの話に加え、もちろんカナダのお話もいたしました。カナダ編のお話はリスナーからの反響も大きく、とてもありがたく思っています。

私の住む二戸市は都会ではないですし、海外へ出張で行ける会社はほとんどありません。そのため、岩手の地酒を通して、世界中の人々が喜んでいる様子や世界の現状などをリアルに聞くことが出来ると、まるで自分が一緒に海外に行っているようだと、とても喜ばれます。

特に海外での日本酒の試飲会に関しては、どんな反応だったか、どんな人たちが飲んでいるのか、など興味津々で聞いてくれているようです。

ホームページやブログ、ポッドキャストなどITは進化していますが、やはり昔からどの家にもある「ラジオ」という媒体を通してお話しすることが1番身近に情報を共有できるのだと最近感じています。

これからも、この手作りのコミュニティラジオ「カシオペアFM」での海外の日本酒事情の発信を大事にしていきたいと思います。サイトでも聞けるので、興味があれば聞いてみてください。

●カシオペアFM公式サイト www.779.jp



<「蔵の道」一覧へ

<コラム一覧へ