蔵の道其の四十一(2015年12月4日記事)

ユニクロのHPに 南部美人出演

日本を代表するカジュアルウェアのメーカー「ユニクロ」。日本では2014年時点で850店舗以上あり、岩手にも、もちろんユニクロのお店が数店あります。さらに海外へも積極的に進出をしており、上海をはじめ、世界の大都市に旗艦店をオープンしています。ニューヨークの五番街に世界最大のユニクロの店をオープンさせたことは、日本でも大きなニュースになりました。 そんな、日本中で、そして世界中で愛されているユニクロですが、その目玉商品の1つに「ヒートテック」という肌着があります。ヒートテックとは、独自の手法で「吸湿発熱」により体を保温するものです。詳しくはユニクロのヒートテックのページをご覧ください。

このヒートテックは、もはや寒い地域に住んでいる人間には無くてはならない必需品になっています。当社の杜氏をはじめ、蔵で働く蔵人も、みんなヒートテックの愛用者で、実際に寒い現場で着て仕事をしています。さらには私の子ども達もヒートテックを愛用しております。



そして実は、「ヒートテック10万人応援プロジェクト」というユニクロの事業の中で南部美人が選ばれて、ホームページで紹介されています。これは日本全国から応募を募り、厳しい寒さの中で頑張って仕事をしている人たちにヒートテックを贈り応援するプロジェクトです。漁師や農家の方々も選ばれております。この映像は、毎年どんどん追加されており、このページを見ると、日本の寒さの中で働いている人たちの大特集みたいになっています。

その中でも特に酒造りは、まさに寒い中で行なう仕事の代名詞でもあります。寒い冬の期間に日本酒は製造されます。その酒造りをイメージした動画が制作されました。この映像はユニクロのホームページで見ることができますので、ぜひご覧ください。日本酒がユニクロという日本でも有数のメーカーに選ばれている事も、すごくありがたいと感じています。


<「蔵の道」一覧へ

<コラム一覧へ