Tomori NagamotoのLife Lessons

永本 冬森

現代美術家。ニューヨーク、東京、トロントを拠点に活動中。アーティストとして美術展を開催するだけでなく、詩人として詩画集などを発表。また、ピアニスト百々徹(どどとおる)氏のプロモーションビデオなども手掛ける。『Now』誌の「ベスト・アーティスト」賞、『EYE』誌の「ベストビジュアル・アーティスト」賞などを受賞し、トロントにもそのファンは多い。

 

 

lesson.60(最終回) イエスNEW

lesson.59 編み物は、空気も一緒に編むものだ

lesson.58 本当に変化を起こすにはキックスタートが必要

lesson.57 優しさの基礎となるのは知性です

lesson.56 茅ヶ崎の人間は海をハマというんだ

lesson.55 礼儀作法は守るべきルールの下から2番目である

lesson.54 既成概念に一撃加えることで新しいものが見えてくる

lesson.53 人生が一度きりなら金髪の男として人生を送りたい

lesson.52 僕らの世代で、決まり文句を消滅させるのだ

lesson.51 偉大なことをなし遂げるのに必要な二つのこと。計画と、充分でない時間

lesson.50 ラブホテルの割り勘もあり

lesson.49 最大のインスピレーションは記憶である

lesson.48 やってやれないことはない、やらずにできるわけがない

lesson.47 実体があり、美しく、魂の入ったもの

lesson.46 なんでこんなに一段一段なんだろう

lesson.45 どこに座るかで立ち位置は決まる

lesson.44 いいんだけど、面白くない

lesson.43 悲しみは見せるが易し、語るが難し

lesson.42 日本も世界である

lesson.41 そうやってクッキーは割るのだ

lesson.40 発信しているのではなく、受け取っているのです

lesson.39 あらゆる度はその速さに正比例してつまらなくなる

lesson.38 難しく考え過ぎ!

lesson.37 木を観ても、愚者と賢者には違って見える

lesson.36 誰かの「できない」をチャンスととらえる

lesson.35 進歩は好きだが変化は嫌いだ

lesson.34 孤独は幸福に欠かせない要素である

lesson.33 誤解、おおいに結構じゃないか

lesson.32 やる価値のあることは、やりすぎるだけの価値がある

lesson.31 愚かなこと以外はすべて許せます

lesson.30 僕は“正式な”独学さ

lesson.29 最も簡潔な答えは行動である

lesson.28 些事の中にある偉大なものを感じよ

lesson.27 くだらない文句は定規で計っておけばいいさ

lesson.26 世界は僕らを外側から侵し、僕らは世界を内側から変える

lesson.25 ほんとうに出会った者に別れはこない

lesson.24 まず勝つこと、勝ち続けるのはまた別の話だ

lesson.23 文学の最高峰は詩である

lesson.22 勝者となるにはまず全てを失うことだ

lesson.21 人は時が経つのを忘れるために一日をやり過ごす

lesson.20 美しい瞳であるためには、他人の美点に瞳をむけなさい

lesson.19 キープ・オン・バカ

lesson.18 そこにあるものは弾かない、無いものを弾け
lesson.17 自分は何ができるのか、やらずにどうしてわかる?
lesson.16 真実などない。なにもかも許されている
lesson.15 余白はアートの呼吸である
lesson.14人生には解決策などない
lesson.13 時に人生はカップ一杯のコーヒーがもたらす暖かさの問題

 

<コラム一覧へ

 

以前の記事はこちら→