Day10. Vrksasana
木のポーズ

こんにちは、ヨガインストラクターのLakshmiです。ヨガといったら一番にイメージするのがバランス系のポーズかもしれません。まずは親指の付け根・小指の付け根・かかとの3点と足の指を床へぐっと押し入れて、土台をつくります。木が地面に根を張るように、しっかりと地球とつながっている感覚ができると安定感が出てきますよ。また上半身は背骨を引き上げて、足への負担を軽くすることも大切です。深い呼吸で外側の力はふわっと抜き、内側の強い軸を実感してみましょう。集中力が鍛えられるポーズです。

【1】まずは足の指をしっかり開き、土台を作ります。右のかかとを上げ、ひざを外へ開きます。
POINT胸の前で手を合わせ、左足→丹田→背骨→頭の先へ1本の長いラインをイメージしてみましょう


【2】軸足が安定したら、右足をふくらはぎ、またはふとももへ持ち上げます。足の裏とふとももはお互い押し合います。


【3】次の吸う息で、両手を高くもちあげます。背骨も一緒に伸び上がる感覚です。


【4】次の吐く息で、枝葉が広がっていくように両手を大きくひらきます。しばらくそのポーズを維持した後、手のひらを合わせてゆっくり下ろし、反対の足も行ないます。
POINT目線は遠くの高い一点を見つめるようにすると、上半身がより引き上がります


撮影協力: Sivananda Yoga Vedanta Centre

 

<おうちで簡単に出来るヨガ一覧へ

<コラム一覧へ