Day9. Bhujangasana
コブラのポーズ

こんにちは、ヨガインストラクターのLakshmiです。ヨガでは古代インドの言葉であるサンスクリット語が多く使われています。Asanaはポーズ、Pranaはエネルギー、Shantiは平和といった意味があり、今回のポーズはBhujang=へび、asana=ポーズで、コブラのポーズです。肘が180度以上のオーバーストレッチをしないよう、腕の力ではなく背筋をしっかり使い、胸を開くようにすると安全です。いつでも心地の良い呼吸ができるポジションをキープして、ポーズを深めていきましょう。

【1】 うつ伏せになり、肩甲骨を合わせるようにして、両手を組みます。息を吸いながら上半身を持ち上げます。
POINT 両腕は後ろへ引っ張り胸を開き、足は床へ押し付けます


【2】 両足を閉じ、おでこを床へ付けます。手のひらを肩の下に置き、ひじはしっかりと体に引き寄せます。


【3】息を吸いながら、頭、肩、胸の順にゆっくりと持ち上げます。ひじは体に付いたまま、肩を耳から離すように下げます。
POINT 工程1で行なった背筋と胸の開きを使います


【4】背筋をキープしたまま、手足を伸ばし、飛行機のポーズのバリエーションです。息を吐きながらゆっくりと床に戻ります。


撮影協力: Sivananda Yoga Vedanta Centre


<おうちで簡単に出来るヨガ一覧へ

<コラム一覧へ