vol. 3 肩こりに効くツボ

肩こりは、首の後ろから肩甲骨にかけての筋のこわばりや、不快感、違和感、鈍痛などの不快な症状を総称したもの。程度によっては、頭痛や腕、顔の痛みを引き起こす事もあります。要因としては、精神的緊張や自律神経の影響、筋肉運動の際に主となる筋とその動きと逆に働く筋とのアンバランス、過剰使用による筋疲労などがあげられます。


【1】肩井 首の根元と肩先の間の真ん中を指で押すとへこむ部分です。左右それぞれにあります。




【2】合谷 手の甲にある親指と人差し指の間のツボです。2本の骨の合流地点で、左右どちらの手にもあります。



【3】曲池 左右それぞれの肘を曲げた時にできる大きなしわの端にあります。爪楊枝の頭の部分で押しても可。




肩こりになる原因 肩こりは、パソコン作業を含む長時間のデスクワークのほか、運動不足や精神的ストレスなどからくることが多いです。このようなことから肩周辺の血行が滞り、疲労物質が留まることで肩こ りとなります。

姿勢に注意! 姿勢も肩のこりに影響しています。なかでも、頭の位置は大切。人の頭の重みは約3㎏で、それを首で支えていますが、前かがみや後ろに反り過ぎた姿勢は、首に負担をかけ、肩もこります。猫背で首を突き出すような姿勢など、普段の姿勢や動作に注意するだけで、かなり軽減されます。

予防のストレッチ 紹介したツボを押す以外にも、ストレッチも予防や改善に役立ちます。たとえば①肩を上に上げて、後ろに回しながら下ろす②右の頭の側面に左手を乗せ、首を横に倒しながら伸ばす(左側面の場合は右手を添える)③後頭部に両手をあて、首を前に倒しながら伸ばすなど。ぜひ試してみてください。


 今回の先生 M i a( A k i k o ) O h t o

指圧セラピスト。カナダ指圧カレッジにて、2200時間に及ぶShiatsupractor Ⓡ 本科課程修了。その後、卒業校及び併設の指圧クリニックにて勤務。2012年にトロントに移る。Holistic Practitioner License 保持、Shiatsu Diff usion Societyメンバー。



Tokyo Acupuncture and Shiatsu Clinic
tel: 416-488-8414 web: www.tokyoshiatsu.com
2350 Yonge St. 2nd fl oor, Toronto

 

 



 

 

 

<一覧へ

<コラム一覧へ