vol. 4 ストレスに効くツボ

今は不安定な気候で自律神経のバランスが崩れやすい時期です。また、眼精疲労など、目の不調が出やすくなります。ストレスは多過ぎると心身が不調になり、少ないと生活にハリがなくなるものです。大切なのは自分のストレスの状況に気がつくことです。セルフケアで適度なストレスを日々の生活のスパイスにしましょう!


【1】百会 頭の頂上にある、指で押す柔らかくへこむところを中指で押しましょう。自律神経の働きを整える作用があります。




【2】大敦 足の親指の爪の生え際にあります。指先のほか、爪楊枝や箸といった、先が細くなっている棒で押すとより効果的です。



【3】神門 手のひら側の、小指側から下に降りてきた、手首と手の境界付近にあります。緊張や不安感をほぐしてくれます。




丹田呼吸でストレス軽減 椅子に浅く腰掛け、丹田(おへそから指3本下くらいの所)に軽く両手をあて、軽く押し込みながら鼻から息を吐いていきます。手の力を抜き、丹田に自然と空気が入っていくように鼻から息を吸います。

その食事がイライラのもと? 食生活は感情に大きく影響します。 特にトランス脂肪酸の摂りすぎはイライラの原因になり、心臓疾患などのリスクを高めます。トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングなどに多く含まれます。

ストレスをためない生活習慣ストレスを感じるときは、ビタミンCが多い果物や、カルシウムが多く含まれる乳製品、ビタミンB1が多い豚肉などを食べるのが良いでしょう。また、朝晩に手脚を思いきり伸ばす運動も効果的です。


 今回の先生 Kanak oHashiba

指圧セラピスト。日本の柔道整復師及び鍼灸師国家資格保持。特に、ストレッチ、身体の歪み矯正を得意とする。Holistic Practitioner License保持、the Japanese Shiatsu & Holistic Medicine Society of Canada(JSHMSC)メンバー。



Tokyo Acupuncture and Shiatsu Clinic
tel: 416-488-8414 web: www.tokyoshiatsu.com
2350 Yonge St. 2nd fl oor, Toronto

 

 



 

 

 

<一覧へ

<コラム一覧へ