Vol.01: 飲みたいワインを選ぶには

「ワインは好きだけど、どのワインを買ったらいいか分からない」とよく聞ききますが、実は分からなくて当然なんです。みんな分かってしまったら、ソムリエという職業が無くなってしまい、私が困ってしまいます。

ソムリエの仕事は大きく分けて2つあります。「仕入れ」と「サービス」。「仕入れ」では、無限にあるワインの中から、そのお店のコンセプトにあったワインを選びます。そして、「サービス」はその中からお客さんの好みのワインを探すお手伝いをすることです。

「お勧めのワインは?」と聞かれることがよくあります。特にワインになじみのない方に多いですね。現在私のお店では、250種類以上のワインを扱っていますが、全て私が選んでおり、その意味ではすべてお勧めであり、この質問ですとお勧めするのに非常に困ります。

皆さんも「今日何食べたい?」とパートナーに聞いたところ「何でもいいよ」と返されて困った経験があるかと思います。これは料理を作る側にとって何の助けにもなりませんよね。それと全く同じです。
この場合、洋食か和食か。肉か魚か。冷蔵庫にあるもので作れるのか、買い足すのか。買い足すなら予算は、といった具合に少しでも好みを伝えてくれると作り手はだいぶ助かります。

では、これをワインに置き換えてみましょう。
赤、白、スパークリング。グラスかボトルか。自分の好みのワインを選びたいのか、普段飲まない変わったものが飲みたいのか。そして予算。
これを伝えて頂くと、250種類のワインから3つぐらいに絞ってお勧めすることが出来ます。
250種類のワインから1つを選ぶのは大変な気がしますが、3つならそんなに難しくないですよね。

LCBOでワインを買うときも全く同じです。
LCBOにはソムリエはいませんが、Product Consultantと呼ばれる、ソムリエと同じように店舗の仕入れを担当されている方がいます。

ぜひ、レストランではソムリエに、LCBOではProduct Consultantに相談してみてください。


今回のオススメ!Domaine Lafond Roc-Épine Tavel Rosé 2014


 

 

南フランスのTavel地方はロゼのみ生産が認められている特異な産地です。Tavelワインは一般的にドライでスパイシー。特に今回紹介するDomaine Lafondのロゼは、色合いも濃く、フルボディ。赤ワイン好きな方にもお勧めです。夏の暑い日より、少し涼しくなってきた今の季節、また冬の間に最適のロゼです。

 

 

 

<ワインをちょっと感じる暮らし一覧へ

<コラム一覧へ