人気のユダヤ式デリカテッセン
Caplansky’s Delicatessen
(2017年7月14日記事)

356 College St.

416-500-3852

モントリオール発祥のスモークミート。ここトロントでも本場に引けを取らないスモークミートを、「Caplansky’s Delicatessen」で楽しめる。トロントでは減りつつあるユダヤ式デリカテッセンがオープンしたのは2009年。「ユダヤの食文化を広く伝えたい」というオーナーシェフのゼンが、モントリオールとは違う同店のオリジナルさを求めたこだわりの品々を振る舞う。オープンから8年の歳月が過ぎ、現在店舗は3箇所に増えた。イベント時にはフードトラックで出店するなど、トロントニアンからの人気ぶりが伺える。今回は1号店であるカレッジ通り店に足を運んだ。パティオを併設するガラス張りの店舗は、自然光が差し込み、明るくアットホームな雰囲気。店内にただようスモークミートの香りが食欲を刺激する。オープン以来不動の人気を集めるサンドイッチ「Smoked Meat」は、スチーマーから出たばかりのしっとりとした肉を、ライ麦パンに惜しみなく挟んだボリューム満点の逸品。どっしりとした燻香を肉に染み込ませるために、メープルウッドでスモークしているのが同店の特徴だそう。一口頬張ると口いっぱいに燻製の香りが広がった。ゼンの家族は100年前からケンジントンマーケットに住んでおり、おばあさんはその昔ダウンタウンでスモークミートを売っていたという。そんな彼の料理は、地元トロントへの愛着と家族の歴史がたっぷり詰まった味がした。



燻製の芳ばしい香りと黒胡椒のピリッとしたスパイシーな味わいが、
赤身肉の凝縮された旨みをより一層引き立てている/Smoked Meat($13.95)


丁寧に裂かれた柔らかい牛肉に、酸味のあるソースが絡んだ一品/BBQ Beef Brisket($14)






Caplansky’s Delicatessen

356 College St.

416-500-3852

月~木 11:00~21:00 / 金~日 10:00~21:00