一度は訪れたいセレブな街に佇む隠れ家レストラン
Chabrol
(2017年12月8日記事)

90 Yorkville Ave.

416-428-6641



Ttoro/ホクホクのじゃがいもと大ぶりのムール貝や海老などが入ったバスク版ブイヤベース。心身ともに温かくしてくれる絶品メニュー($33)




高級ブティックや世界的セレブ達御用達のお店が数多く点在するヨークビルエリアは、トロントきってのおしゃれエリアとして名高い。ヨーロッパ調の街並みには、カフェやレストランも多く、流行に敏感なトロントニアンが注目するスポットも点在する。今回はそんな洗練されたヨークビル通りから少し奥に入り込んだ、隠れ家的レストラン「Chabrol」を紹介しよう。フランスとスペインの国境沿いにあるバスク地方の料理を頂くことができるという同店。バスク地方は海と山の幸に恵まれ、魚介中心の沿岸料理と肉や野菜を使った内陸料理の両方が自慢で、個性的でおいしい料理を生み出してきたグルメな地域でもある。
まずはムール貝や海老などの魚介が入った、バスク版のブイヤベースとも呼べる一番人気のメニュー「Ttoro」を頂く。具材や出汁として使われている白身魚は時期によって異なるが、タラやタイなどを使用しておりふっくらとした食感となめらかな旨味が楽しめる。最初に魚介が乗ったお皿が運ばれ、お客さんの目の前でスープを注いで完成。白身魚の出汁とトマトや玉ねぎ、サフランを赤ワインで煮込んだ熱々のスープは、お皿へと注がれた瞬間に濃厚な魚介風味があっという間に広がり食欲を大いに刺激してくれる。
気品あるヨークビルエリアを象徴するかのようなデザートが「Apple tarte」だ。スライスして何層にも重ねられたリンゴは、本来のシャキシャキ感とみずみずしい甘味が残っていて、サクサクのパイ生地との相反する食感を楽しむことができる。食べる直前にホワイトシロップをかけていただくが、このシロップはカルヴァドスというリンゴを原料としたブランデーを使用して作られており、その上品かつ芳醇な香りは、来店した多くの人を虜にしてしまうほど完成度が高い逸品だ。実際にApple tarteを目当てに、わざわざ来店するお客さんもかなり多いという看板商品である。毎回焼きたてを提供するため20分ほど時間がかかるそうなので、来店時には早めの注文がおすすめ。
また、ワインやシャンパンなども多く取り揃えており、料理に合わせたお酒を提案してくれるもの嬉しい。特に白ワインとの相性抜群なメニューが、オンタリオ豚を使用した「Pork Liver Mousse」。生クリームや鶏ガラを加えることで、口どけが優しいムースに仕上がっている。香ばしく焼かれたバケットと添え合わせのピクルスと一緒にいただきたい。
メイン通りから奥ばった場所にあり、決して広くはない店内であるが、喧騒から離れたゆっくりとした時間を味わえる。そんなレストランで過ごす優雅なひと時を体験してみてはいかがだろうか。
〈文/塚原さおり〉




Pork Liver Mousse/臭みもなくなめらかな舌ざわり。風味もしっかりしているが、しつこくないのでワインのお供としてぜひ注文したい($15)



Apple tarte/誰かに口コミしたくなるほど美味しいと話題。サクサクのタルト生地にアップルブランデーを使用したシロップをかけて召し上がれ($17)






 

Chabrol

90 Yorkville Ave.

416-428-6641


月~日 11:30~22:00