温かい魅力に溢れた絶品ケーキ
Dufflet
(2017年12月8日記事)

787 Queen St. W

416-504-2870



Apple Raspberry Custard Euro Tart/フランス式のアップル・ラズベリータルト。スウィート・ドーにクリーミーなカスタードとシナモンと砂糖をふりかけて焼いたリンゴ、そしてラズベリーのバランスが絶妙。($22.50)




トロントで誕生して40年近く続く人気店「Dufflet」。「ケーキのクイーン」の別名を持つオーナーのダフレットが経営する同店は、ケーキ屋と花屋、そしてカフェが同居している。タルトの命であるクラストはスウィート・ドーとパート・ブリゼの2種類の生地を味わえるのが特徴的だ。スウィート・ドーはしっかりとしたタルトの食感が楽しめ、パート・ブリゼは歯が当たるとすぐ砕けるようなホロッとした食感。中でも、アップル・ラズベリータルトはカスタードとリンゴのバランスを考えてスウィート・ドーを使用し、生地をタルト型に取って軽くオーブンで焼いたら暫く冷まして仕上げた自慢の味。タルトに詰めるのはふんわりと泡立てられたカスタードクリームで、トップに飾るリンゴは火を通しても形が崩れにくいグラニースミス種を使用しているそうだ。このタルト作りで最も難しいのが、焼いたリンゴをいかに美しくカスタードクリームの上に乗せるかだとか。扇形に広がったリンゴとラズベリーがクリームに埋もれないように注意してオーブンに入れ、仕上げにシュガーグレーズを刷毛で塗り、リンゴ、ラズベリー、カスタードのしっとり感をキープしているそうだ。リンゴとラズベリーの爽やかさ、カスタードのとろける口当たり、そしてこだわりのクラストのサクサク感のバランスがとても良い。ほんわかした可愛らしい雰囲気のオーナーのケーキもまた、そんな温かい魅力に溢れているのだ。




Raspberry Vanilla Charlotte/レディ・フィンガー風の甘いスポンジケーキに、フレッシュなラズベリーをふんだんに乗せたケーキ($26(6インチ))、($46(10インチ))



Triple Chocolate Mousse/白とブラウンのスポンジを重ねてラズベリージャムで彩り、ホワイトとダークチョコのムースを乗せココアパウダーをふりかけたケーキ($26(6インチ))、($46(10インチ))




 

Dufflet

787 Queen St. W

416-504-2870


月~土  10:00~19:00
 日   12:00~18:00

※ほか3店舗あり