おしゃれな空間でいただくヴィーガン料理
Hibiscus
(2018年5月11日記事)

238 Augusta Ave.

416-364-6183


Buckwheat Crepe/クレープ生地は小麦粉を使っていないのにモッチリとしていて、それと同時に外側はそば粉特有のサクッとした食感が味わえる($16.50)




個性的なカフェやショップが立ち並び、カラフルなグラフィティが壁を覆うケンジントンマーケット。そんなアートな街の中心地にヴィーガン料理で有名なオーガニックカフェ「Hibiscus」はある。家族経営の小さなカフェでありながら休日の昼時には客が絶えず、最近ではリッチモンド通りにあるAssembly Chef’s Hallに2号店もオープンした。ベジタリアンや小麦粉不使用のグルテンフリー料理や、魚や乳製品を含む完全菜食主義のヴィーガン料理は、北米で健康志向が広まる中でより人気を得ている。同店の看板メニューは、そば粉を使ったクレープ「Buckwheat Crepe」で、アップルシナモンなどの甘味系や、チーズやほうれん草を使ったおかず系のものが注文できる。おかず系クレープにはベビーリーフ、ズッキーニ、アボカドがトッピングとして付いてくるのがなんともポイントが高い。「Salad Special」のサラダには42種目もの野菜が入っており、 スーパーフードの代名詞であるキヌアや、健康食品である豆腐、おから、ビーツなどを一度に食べられるのがうれしい。デザートには手作りの「Vegan Ice Cream」がおすすめだ。こちらのアイスクリームもヴィーガン向けなので乳製品が使われていないが、豊富な種類とジェラートの様なクリーミーさが絶妙だ。Hibiscusでは珍しい創作料理でなく、シンプルな料理をグルテンフリーやヴィーガンの食材でオリジナルに近い味や食感を上手く再現しているのが特徴的だ。他にも各自アレルギーを相談することできるため、1人1人に合ったカフェ料理をぜひ楽しみたい。




Salad Special/サイズは小と大から選べ、スープとセットにもできる。栄養価の高い野菜がゴロゴロ入っていてボリュームもあるため食べ応え抜群だ(小$10、大$13、スープセット$16.50)



Ice Cream/牛乳の代わりに使用されているのはココナッツミルクかアーモンドミルク、豆汁で、チョコやマンゴーなど10種類以上から味を選べる($5)



 

Hibiscus

238 Augusta Ave.

416-364-6183



火〜金 11:30-18:00
土•日  11:30-19:00

2号店
Assembly Chef’s Hall内(111 Richmond St W.)