自分好みの寿司を作ろうカナダらしい新スタイル
Maki My Way
(2016年2月5日記事)

293 King St. W.

tel:416-599-8828

▲上から時計回りにRainbow Roll ($9.50)、Small Platter ($25.95)、Red Dragon Roll($9.50)

食べたいものを食べたい分だけ

今までにないような斬新なスタイルの寿司レストラン「Maki My Way」。ここでは、自分で好きな具やソースを選べるカスタマイズ形式のお寿司を提供している。長年の友人であるルイスさんとともに同店を開いたシェフのロブさんは、日本に行った際に日本食の美味しさに魅了されたものの、メニューの内容が決まっていて変更できないことが残念だったとか。その経験が元になり、Maki My Wayでは顧客が「食べたいものだけを食べられる」をコンセプトにしている。基本のカスタマイズは海老天ぷらや鮭、牛肉などの「Protein」、アボカドやレタス、リンゴなどの「Veggies & fruits」、スパイシーマヨや醤油といった「Sauces」などからそれぞれ1種類ずつ選んで巻いてもらい、7.99ドルだ。追加料金が発生するが、具やソースなどを何種類にも増やすこともできる。目の前でサンドイッチを作ってくれるファーストフード店の寿司バージョンといったところで、まさにカナダらしいシステムだ。そのほかにもカルフォルニア・ロールやフィラデルフィア・ロールなど、定番の組み合わせの寿司ロールも提供しているので、お店のお勧めの組み合わせが食べたい人はこちらを。万が一自分で選んだ寿司ロールが、「あれ? この組み合わせはちょっとないかも…」という結果になってしまってもご安心を。お店が通常の寿司ロールと交換してくれる。ただ、まだそのサービスを利用した人はいないとか。

お店がおすすめの具の組み合わせで提供している「Signature Rolls」の中での一番人気は、「Dynamite」。海老の天ぷらとアボカド、きゅうりなどを巻き、スパイシーな鰻のタレがかかっている。その「Dynamite」と、サーモンとアボガド、きゅうりを巻いてスパイシーマヨを効かせた「Spicy Salmon Crunch」、握り寿司をセットにした「Small Platter」はグループにおすすめ。「Dynamite」にさらにサーモンを足した「Red Dragon Roll」や、マグロにサーモン、海老などが入った欲張りな「Rainbow Roll」も人気があるという。

同店では、寿司以外にも、うどんや丼物、焼きそばなどを取り扱う。アペタイザーで一番人気なのは、鶏の唐揚げ。自慢のスパイシーマヨがかかった唐揚げは、衣がサクサク。ニンニクが効いた鶏肉はいくらでも食べられそう。さらにお弁当も新商品として最近登場。サーモン照り焼きやトンカツなどのメインに、好きな寿司ロールと海藻サラダ、味噌汁に加え、揚げ餃子か春巻きが付く。

▲サクッとした衣とジューシーなお肉に、スパイシーなマヨネーズがかかった人気の一品/Chicken Karage($4.50)



▲牛肉の照り焼きは、どこか懐かしい味/Bento Box Beef($12.50)


自分で好きな具やソースをカスタマイズして、自分好みの寿司ロールを追求するもよし。店のお勧めの「Signature Rolls」を楽しむもよし。カナダの文化と融合して新しく生まれたスタイルの「Sushi Roll」は、新たなファーストフードとしての第一歩を踏み出したのかもしれない。


〈文・写真/大塚 まり〉


 
 
Maki My Way

293 King St. W.

416-599-8828

地下鉄St. Andrew駅より徒歩6分
月~日 11:00~21:00