カップルでグループで色々な味を少量ずつ!
Pearl King
(2015年6月19日記事)

291 King St. W.

416-506-8886

Shrimp Dumplings($6.75)、Meat Dumplings($6)など

数々のエンターテインメントや観光地が集まるキング・ストリート・ウェストにある中華レストラン「Pearl King」。映画やミュージカル、ギャラリー巡りなどを楽しんだ後のスモールトークやちょっと小腹が空いた時に立ち寄ってみたい一軒だ。モダンかつファンキーな内装と、伝統の本格中国飲茶が振る舞われるというギャップが楽しい。

お酒と共に!1人でも気軽に楽しめる飲茶

ハーバーフロントとベイビューにある2店舗では回転テーブルがあるが、ここでは通常のテーブルのみ。大人数で大皿料理を囲む中華料理のスタイルではなく、ダウンタウンというロケーションらしく、1人やカップルなど少人数でも数種類の飲茶が味わえるようにと配慮されており、一品一品の量も少なめだ。2階には生ライブやDJが楽しめるクラブスペースもあり、ワインやカクテルなどのお酒の種類も豊富に取り揃えている。まずは約40種類ある自慢の飲茶の中から「Shrimp Dumplings(エビ餃子)」と「Meat Dumplings(焼売)」をオーダー。


定番のエビ餃子は、期待通りのモチモチの皮の中にぷりっぷりのエビがぎっしりと入り、何もつけなくても美味しい。一番上に大振りのエビが乗った焼売は、一口食べれば豚肉、ホタテ、シイタケの旨味、甘味が口の中で絶妙なハーモニーを織りなす外せない一品だ。この他、玉ネギとエビのコンビネーションとニラの風味が食欲をそそる「Hockey Puck」や、ご飯のお供にぴったりなブラックビーンソースをかけた「Stir Fried Long Beans」、揚げたエビをジューシーなナスで挟みピリ辛ソースで頂く香港のストリートフード「Eggplant Stuffed W. Shrimp」など、バリエーション満載。エッグタルトなどのデザートも程よい甘さがいい。

空腹を満たす定番メインの麺やご飯類も健在

メインからは「General Tao Chicken」をチョイス。鶏肉バージョンの酢豚だ。カラッと揚げられた鶏肉とパプリカに定番の甘酸っぱいソースが絡みご飯がすすむ。長年の経験を積んだという中国人シェフの味加減は絶妙。メイン料理もタパスサイズとレギュラーサイズから選べるので、人数やお腹の好き具合を見て頼もう。

▲程よい甘酸っぱさでご飯がすすむGeneral Tao Chicken/スモールサイズ$10、レギュラーサイズ$18 ※写真はレギュラーサイズ



▲モダンでファッショナブルな店内。
上階には可愛らしいパティオやクラブスペース、VIPスペースもある


▲「毎週金曜日に行なうクラブイベントセット・オフFridayなど
様々なイベントも楽しんでほしい」と話すオーナーのメナさん



 
 
Pearl King

291 King St. W.

416-506-8886

アクセス:地下鉄St. Andrew駅から徒歩5分
営業時間:月~水・日 11:30~22:00、木~土 11:30~23:00
              ※イベントなどにより閉店時間は変動