ジョブズ氏のヨット差し押さえ

米アップル社の共同創業者の1人で昨年死去した故スティーブ・ジョブズ氏が豪華ヨットを発注していたが、デザイナー料金未払いとして裁判所から差し押さえ処分を受け、オランダのアムステルダム港から出港出来ずにいることが12月21日、明らかになった。同ヨット「ヴィーナス号」はジョブズ氏がフランス人デザイナー、フィリップ・スターク氏とともに設計を手掛けたもの。全長約78 メートルで建造費は約1億ユーロ(約110 億円)以上と言われている。スターク氏は約900 万ユーロのデザイン料を請求していた が現在までに約600 万ユーロしか支払われておらず、裁判所に訴えを起こしたという。



(1月4日号記事)