ハルク・ホーガンさん裁判に勝訴

(2016年4月1日号記事)


米国の元人気プロレスラー、ハルク・ホーガンさん(62)が、かつての親友の妻と性行為を行なう映像を無断で公開され、プライバシーを侵害されたとして、「ゴーカー・メディア」とその経営者を訴えた陪審裁が、3月18日、フロリダ州ピータースバーグの裁判所で行なわれた。陪審団は6時間にわたる評議の結果、ゴーカー・メディアに対しハルク・ホーガンさんに1億1,500万ドルの損害賠償を支払うよう命じる評決に達した。さらに21日夜には同じ陪審裁で、ゴーカー・メディアに1,500万ドル、同社オーナー、ニック・デントン被告に対し1,000万ドルの罰金を追加でホーガンさんに支払うよう命じる評決を下した。これに対しゴーカー・メディア側は控訴するとしている。