カナダとメキシコが両国の友好協力を確認

(2016年7月1日号記事)


6月29日に開催されるカナダ、アメリカ、メキシコの3か国首脳会談に先駆けて、27日にカナダのジャスティン・トルドー首相は、メキシコのエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領とトロント市のカサロマ城で公式晩餐会を行なった。両国間で特に問題となっているのは自由貿易問題とメキシコ人旅行者へのカナダビザ。メキシコ人難民の急激な増加から、カナダは2009年、メキシコ人旅行者がカナダを訪れる際にビザ取得を必須とすると定め、論議を呼んでいた。トルドー首相はこの日、「ビザ問題は必ず解決させる」と発言。「カナダとメキシコはただのパートナーではない。大陸を共有し、人々が行き交い、経済利益を共有している」と語った。ペーニャ・ニエト大統領も「両国間の絆を再確認する歴史的な日となった」と述べた。