増加する酒酔い運転違反者

2011年度にカナダ全国で酒酔い運転により罰則を受けた人の数が9万人以上に上り、前年比で3000人以上増となったことがカナダ政府統計局の調べで明らかとなった。
この数字は、人口比10万人当たり262人の割合となり、前年度に比べ2%増加。これにより、過去4年連続で酒酔い運転違反者の数が増加する結果となった。違反者の数が増えているのは、ニューファンドランド&ラブラドール州とブリティッシュ・コロンビア州。
一方、ケベック州とオンタリオ州でその数は年々減少しており、オンタリオ州では、その理由を97年から始めた「RIDE(Reduced ImpairedDriving Everywhere)」プログラムの効果であるとしている。



(1月18日号記事)