リーフス、バーク監督を解雇

1月9日朝、NHL トロント・メープルリーフスのブライアン・バーク監督の解雇が発表された。バーク監督はメープルリーフスとの間に6年契約を交わしており、今季が5年目となっていたが、オーナー側は「過去7シーズン連続でプレーオフ進出を逃しているチームを救うためには、新しいリーダーが必要」として解雇を決定したという。後任にはデーブ・ノニス現助監督が就任する。メープルリーフスは昨年夏、オンタリオ州教師年金プランが所持していた株の大半がベル社とロジャース社に共同購入されたことからオーナーが交代。バーク監督の攻撃的なスタイルや性格が新オーナーの方針と合わなかったと言われている。



(1月18日号記事)