北朝鮮、米国狙った核実験示唆

北朝鮮が昨年12月に事実上の長距離弾道ミサイル発射実したことから、国連安全保障理事会は1月22日、更なる対北朝鮮制裁を強化する決議を全会一致で採択した。これに対して北朝鮮国防委員会は24日、「アメリカを狙い、高い水準の核実験を実施する」と述べ、3回目の核ミサイル発射実験はアメリカを標的としたものであることを明らかにした。
米国政府ではこの発言に対し「北朝鮮が核実験を強行すれば重大な措置を取るだろう」と警告。また今回の北朝鮮の発表については「不必要な挑発で、北朝鮮の孤立化を深めるだけ」と語っている。



(2月1日号記事)