癌研究への寄付、個人最高額

トロント市にあるプリンセス・マーガレット癌基金に1月21日、個人による寄付金としてはカナダ史上最高金額に当たる5000万ドルが癌研究のために寄付されたことが発表された。
寄付を申し出たのは、かつてカナダ全国で80以上のラジオ放送局やテレビ局を展開していたスレイト・コミュニケーションズ元社主、アラン・スレイト氏と妻エマニュエル・ガツーソさん。ガツーソさん自身は10年前に乳がんを患い、同センターで治療を受けた経験があるという。
同寄付金は今後10年間にわたり、同センターに分割して贈られ、癌の研究開発、臨床研究、特に患者個人に適応した有効な治療薬の研究開発などに充てられることになる。



(2月1日号記事)