タイムズスクエアで車が暴走し死傷者多数

(2017年6月2日号記事)


5月18日正午頃、米ニューヨーク市の中心部、タイムズスクエアで多数の人々で賑わっていた歩道上を3ブロックにわたって車が暴走し、1人が死亡、22人が重軽傷を負った。死亡したのはミシガン州からの旅行者、アリッサ・エルズマンさん(18)。車はブロードウェー通りと45番街通りの角に設置された防護壁に激突して大破。運転していた元米海軍兵士、リチャード・ロハス容疑者(26)は、その場で取り押さえられ逮捕された。警察、司法関係者などでは、ヨーロッパで起きた車の暴走による歩行者の殺傷を狙ったテロ事件との関連性を疑ったが、その後の調べでロハス容疑者は精神的な錯乱状態を起こしていた可能性が強いことが明らかになった。調べによると同容疑者は2008年と2015年に飲酒運転で逮捕されたことがあり、今回の事件の1週間前には凶器を使った脅迫事件を起こして逮捕されていたという。