リオ五輪、17日間の熱戦に幕

(2016年9月2日号記事)


ブラジルのリオデジャネイロ市で開催されていた第31回オリンピック競技大会は8月21日夜に閉会式が行なわれ、17日間に及んだスポーツの祭典は幕を閉じた。カナダ選手団の隊列の先頭に立って国旗を携えたのは、女子水泳のペニー・オレクシアク選手(16)。水泳競技4種目で金1、銀1、銅2の計4個のメダルを獲得した。カナダは計22個のメダルを獲得し、今大会のメダル総数ランキングでは20位に入った。うち16個は女子選手たちが獲得したことから、女性の活躍ぶりが話題になっている。オレクシアク選手は、「ここに来るまで一生懸命努力してきた全てのカナダ選手たちと共に国旗を掲げて行進できたことは、素晴らしく名誉なこと」と語った。リオデジャネイロでは9月7日から18日までパラリンピック競技大会が開催される。