トルドー首相が中国初訪問

(2016年9月2日号記事)


8月30日、カナダ連邦政府のジャスティン・トルドー首相が中国を初めて公式訪問した。中国には、トルドー首相の父である故ピエール・トルドー元首相が1970年代に訪問し、両国間の外交を確立させたことで知られている。今回トルドー首相は10日間中国に滞在する予定となっており、北京、上海、香港を訪れた後、9月4日から開始される20か国・地域(G20)首脳会合に参加するため杭州へと向かう。統計によると、カナダのオイルサンドなどのエネルギー産業に対する中国の投資が年々低下しており、トルドー首相は今回の訪問をきっかけに、カナダの第2の貿易パートナーである中国との経済関係強化を目指すと見られている。