元銀行強盗がクロスボウで3人殺害

(2016年9月2日号記事)


8月25日午後1時過ぎ、トロント市東郊スカボロー地区マーカム&エグリントン・イースト付近の民家で男女3名が殺害された。警察は現場近くで負傷していたブレット・ライアン容疑者(35)の身柄を拘束。犯行現場にクロスボウが落ちており、凶器として使用されたと見られている。殺害されたのはブレット・ライアン容疑者の母スーザン・ライアンさんと、容疑者の兄弟アレクサンダーさんとクリスさんの3名。現在警察は、犯行動機などの解明を進めている。ブレット・ライアン容疑者は2008年に15件の連続銀行強盗事件を起こして逮捕され、翌年、裁判で有罪が確定、懲役3年9か月の刑を受けている。またこの事件に関連して、事件の数時間後にトロント市ウォーターフロントのクイーンズキーにあるコンドミニアムで不審物があるとの情報が入ったため、付近の住民が一時避難する騒ぎが起こっている。