NBAスター選手のいとこ射殺される

(2016年9月2日号記事)


8月26日、NBAシカゴ・ブルズのドウェイン・ウェイド選手のいとこ、ニケア・アルドリッジ(32)さんが、シカゴ市内で銃に撃たれて死亡した。アルドリッジは、子どもたちの学校入学の手続きをするために自宅の近くの学校に行った際、流れ弾に当たったという。事件当時、アルドリッジさんはベビーカーには乳児を乗せて歩いていたが、乳児は無事であった。アルドリッジさんの一家は最近、シカゴ大学の近くに越してきたばかりだった。事件直後、ウェイド選手は「今日、私のいとこがシカゴで射殺された。またしても愚かな銃犯罪だ。何の理由もないのに4人の子どもたちが母親を失った。こんな悲劇はもうたくさん」とツイッターにメッセージを寄せた。28日、警察はこの事件で、ダーウィン・ソレルス・ジュニア(26)とダレン・ソレルス(22)両容疑者を殺人容疑で逮捕した。