カナダ人がグラミー最優秀新人賞

(2018年2月9日号記事)


米音楽界最高の栄誉とされる「第60回グラミー賞」の授賞式が1月28日夜、15年ぶりにニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデンで行なわれ、主要4部門の1つ「最優秀新人賞」を、カナダ人でトロント北西郊ブランプトン市出身のアレッシア・カーラ(21)が受賞した。カーラは2016年11月に公開されたディズニー映画「モアナと伝説の海」のエンディング曲「ハウ・ファー・アイル・ゴー」を歌ったことで知られている。1959年の創設以来、故エイミー・ワインハウス、アデル、ローリン・ヒルなどが受賞、カナダ人シンガーでもドレイク、ジャスティン・ビーバー、アラニス・モリセットらがノミネートされながら、誰一人として受賞したことがなかった。カーラは他「ソング・オブ・ザ・イヤー」「ベスト・ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」「ベスト・ミュージック・ビデオ」の3部門でノミネートされていた。