ブルガリア・テロにカナダ人関与

昨年7月にブルガリアで起きたテロによる観光バス爆破事件に、レバノンとカナダの二重国籍を持つ人物が関与していたことが2月5日、明らかにされた。同事件はブルガ リア・ブルガス市の空港でイスラエル人観光客を乗せたバスが爆発されたもので、これにより6人が死亡、32人が負傷した。ブルガリア政府によると、実行犯はレバノンのシーア派イスラム主義武装勢力「ヒズボラ」のメンバー2人で、うち1人はレバノン在住のカナダ国籍保持者であるという。
ブルガリア政府ツベタン・ツベタノフ内相は、「実行犯の1人はカナダパスポートを使って入国。もう1人はオーストラリアパスポートを所持していた」と発表している。



(2月15日号記事)