ブラックベリー、待望の新機種発売

1月30日、オンタリオ州ウォータールー市を本拠地とするリサーチ・イン・モーション(RIM)社が、ブラックベリーの新機種である「Z10」と「Q10」を発表した。同社はアップル社のiPhone、 グーグル社のアンドロイド、サムスン電子社のGalaxy などに対抗するタッチスクリーン型の「Z10」をまず市場に投入。また、これまで根強く支持されてきたキーボード搭載型の「Q10」は、4月に全世界で発売される予定となっている。さらに同社はこの発表と同時に、社名をRIM からブラックベリーに変更すると宣言している。「スマートフォンの元祖」として5年前に市場に登場したブラックベリーは大人気を博したが、同業他社の台頭により、ここ3年で同社の株価は3分の1にまで急落。今回の新機種により、どこまで市場に割り込めるかが注目されている。



(2月15日号記事)