フェラン元農業大臣死去

自由党のピエール・トルドー首相の下で農業大臣を務め、後にジャン・クレティエン首相により上院議員に任命されたユージン・フェラン氏が2月19日夜、脳梗塞の合併症のため死去した。享年88歳。
フェラン氏は、オンタリオ州南西部ウィンザー市郊外の農村出身。16歳で高校を中退し、農業者や工員などを経て、21歳で地元教育委員会委員に選出された。その後自由党下院議員として活躍した同氏は、1972年から84年(79 ~ 80 年の9か月間を除く)まで農業大臣を務め、上院議員に就任した。常に緑色のカウボーイハットを被り独特な人柄で人々から親しまれたフェラン氏は、農業者の権利保護に尽力した人物として知られている。



(3月1日号記事)