3人殺人の被告に懲役75年の判決

(2017年3月3日号記事)


2014年6月にアルバータ州カルガリー市でアルビン・リクネスさんとその妻キャシーさん、孫のネーサン・オブライエン君(当時5つ)の3人を殺害した容疑で起訴されていたダグラス・ガーランド被告(57)の裁判が、2月16日に行なわれ、同被告に対し少なくとも75年間は仮釈放申請の可能性が発生しないとする判決が言い渡された。ガーランド被告はリクネスさんとの間で起きた油田の油井ポンプに関する特許を巡る争いから、リクネスさん宅を襲撃。たまたま居合わせたネーサン君を含めてた3人を拘束し、小型トラックの荷台に乗せて自分の農場まで連れて行き殺害。遺体を切断し、焼却するという凶行に及んだ。デービッド・ゲーツ判事は「同被告の恐るべき犯行は事前の緻密な計画と周到な準備のもと、冷徹に実行された。幼児まで殺害したにも関わらず、罪を悔いる様子も見られない」と述べた。