難民歓迎の指数、カナダは世界第4位

(2016年6月3日号記事)


世界的な人権擁護団体、アムネスティ・インターナショナルが行なった世界27か国の「難民歓迎の指数」の結果が5月19日に発表された。これは昨年12月から今年4月までの間に世界各国の2万7000人以上を対象にしたもので、難民を自国に受け入れる意志があるか、さらには、自分の家あるいは近所に受け入れても良いかどうかなどを訊ねた。この結果、最も難民受け入れに好意的な反応を示したのは中国(85%)であることが分かった。2位はドイツ(84%)、3位英国(83%)、続いて4位にカナダ(80%)が入った。カナダでは43%が難民を近所に迎え入れてよいと回答しており、87%が難民が戦争や迫害から逃れるために他国に逃げる権利を有すると答えている。反対に最も難民受け入れに否定的だった国はロシア(26%)、そしてタイ(29%)、インド(40%)の順となっている。なお、日本は調査対象外だった。