人気バンド「ヘドリー」にスキャンダル

(2018年3月9日号記事)


2月19日、バンクーバーの人気ロックバンド「ヘドリー(Hedley)」が今年のジュノー賞(カナダのグラミー賞にあたる音楽賞。3月25日発表)の3カテゴリーのノミネート候補からの辞退を申し出ている。複数による匿名のソーシャルメディア投稿で、ヘドリーのメンバーが若い女性ファンたちと性的な関係を持っているといった情報が流されたことが発端だ。ヘドリーはノミネート候補からの辞退と同時に「ファンの皆さんを失望させたことと、この事態にこれからどう対応していくかを話し合っていく考えだ」と語っている。その後、ヘドリーのマネージメントチームが彼らを除籍したり、全国各地のラジオ局からもブラックリストに載せられたりしているという。ただし、ヘドリーは「3月23日までにすでにブッキングされているカナダ各地での23のコンサートは敢行することを決めた。中止にしてマスコミなどから逃げ隠れするのは卑怯な選択だと考えた」という内容の声明を出している。