父子家庭の父親は早く死ぬ?

(2018年3月9日号記事)


「父子家庭の父親は栄養を十分に取らず、酒を飲み過ぎるため、自らの早死リスクを高めている」。2月14日付のザ・ランセット・パブリック・ヘルス・ジャーナルに過去11年間、4万組以上の夫婦と父子家庭の父親らの健康状態を比較研究した成果が公表された。報告によると、年齢や生活習慣、健康及び社会人口統計学的特性などの相違を調整したうえで、父子家庭の父親は、母子家庭の母親、配偶者のいる父親と比較すると3倍の早死率、配偶者のいる母親と比較すると5倍の早死率に達するという。カナダ国勢調査によると、25歳以下の子供を1人、あるいはそれ以上抱えている父子家庭が約33万3000組、全家族数の約3.5%に当たるとされている。この研究から導き出されたことは、カナダの医療従事者が父子家庭の父親に対して、生活習慣や行動に関する適切な助言をすることが肝要だとしている。