チョウ議員、市長選出馬を考慮

3月6日夜、故ジャック・レイトン氏の夫人オリビア・チョウ下院議員が、インタビューの中で市長選への出馬を示唆し高い注目が集まっている。これは、チョウ議員が故レイトン氏の伝記映画「ジャック」が放映されるのを記念して出演したテレビ番組で語ったもの。同議員は「ジャックはトロント市長になりたいと願っていた。私もやってみたいと思う反面、自分にできるのかという思いもある」と発言。また「出馬する可能性もあるということか?」という質問に対し、「考慮していきたい」と答えた。

市民から圧倒的支持を受け、ロブ・フォード現市長の有力な対抗馬と噂されるチョウ議員は、これまで出馬への明確な意思表明を避けてきた。しかし近年、徐々に肯定的態度を示すようになっているという。



(3月15日号記事)