「ターゲット」、ついにカナダ上陸

米国のディスカウントストア大手チェーンの「ターゲット」社が3月5日、オンタリオ州のゲルフ、ファーガス、ミルトンの3 市で店舗を開店。同社にとって初の海外進出であるカナダでの経営展開に、注目が集まっている。ターゲット社は大幅なディスカウント商法で知られているが、カナダのターゲット社では、「国内の同業他社と十分競争できる(高めの)価格に設定される」と同社スポークスパーソン、リサ・ギブソン氏は述べている。

同氏はこの価格設定について、カナダは米国に比べて人件費、輸送費などの経費が高いことを指摘、それらの要因が価格差を生み出していると説明している。ゼラーズ社の所持していた店舗を買収したターゲット社は、年内に数十の店舗を改装開店する予定となっている。



(3月15日号記事)