10代の少年が乳児を射殺

3月21日朝、米ジョージア州ブランズウイック市で、10代の少年が乳児を拳銃で撃ち殺害、さらに母親に重傷を負わせる事件が発生した。

警察の調べによると、乳児を連れ徒歩で郵便局に向かっていたシェリー・ウエストさんに対し、少年2人が「金を出せ。赤ん坊を殺してもいいのか」などと恐喝。ウエストさんが要求を拒否したところ、少年1人が銃4発を発砲したという。うち1発がウエストさんの耳をかすめ、1発が足に命中。同少年はさらにベビーカーの中にいたアントニオちゃん(13か月)の額を撃って殺害した。この事件について同市警察は22 日、デマーキーズ・エルキンス容疑者(17)と14 歳の少年を逮捕したと発表。しかし、どちらの少年が実行犯かは明らかになっていない。



(4月5日号記事)