カジノ帰りのバス事故で13人死亡

(2016年11月4日号記事)


カジノツアー帰りの乗客44人を乗せ米ロサンゼルス市に向けて走行中の観光バスが10月23日早朝5時17分、カリフォルニア州の高速道路でトレーラートラックに追突、乗客とバス運転手の13人が死亡、乗客31人が重軽傷を負った。当時パーム・スプリングス市の北にあるインターステート10で電線工事が行なわれており、走行車両の速度制限を実施していたところ、観光バスがスピードを落とさず最後尾のトレーラートラックに激突した。バスはロサンゼルスから約220キロ離れたレッドアース・カジノを出発し、50キロほど走行したところであった。死亡したバス運転手の健康状態や、飲酒や薬物使用の可能性、バスのブレーキに不具合はなかったかなどの調査が進められている。