Aクラス評価の病院、わずかに1つ

CBCテレビの人気告発番組「フィフス・エステート(the fifth estate)」がカナダ全国約200の病院を対象に行なった病院実態調査結果が発表された。調査結果によると、A クラスの評価を受けた全国20病院のうち、トロントおよびその周辺地域の病院はルージュヴァレー・センテナリー病院のみ。A +クラスの評価は全国で10病院あったが、トロントおよび周辺地域には1つもなかった。同地域の調査結果はB クラス6 病院、C クラス6 病院。なお、Dクラス判定の病院はなかった。評価の基準は5項目で、
1. 大手術後の死亡率  2. 手術後の患者に異常が起きた場合の対応
  3. 医薬品治療を受けた患者に異常が起きた場合の対応
4. 手術後の患者の再入院
5. 医薬品治療後の患者の再入院
となっている。



(4月19日号記事)